不眠症のメカニズム

不眠症とは?

近年、不眠症で悩まされている方が増え続けており、最近ではなんと日本人の20%以上、およそ5人に1人が不眠症として定義されているそうです。不眠症は症状により4つの種類に分類されます。

症状詳細
(1)入眠障害布団に入っても中々寝つくことが出来ない。最も多いパターンです。
(2)中途覚醒眠りにはつけるが、途中で頻繁に目が覚めてしまう。生活リズムの乱れや、飲酒・ストレスが原因となることが多いと考えられています。
(3)熟眠障害時間的には充分眠れているにも関わらず、朝起きてもスッキリせず、疲労感が抜けない。日中睡魔に襲われることが多い。
(4)早朝覚醒朝方早くに目が覚めてしまい、その後眠ることが出来ない。身体は明らかに疲れて眠りたいのに、早く目が覚めてしまい眠れない。原因としては、身体疾患・ストレス・精神疾患・アルコールなど様々な原因が挙げられます。
伝統医学の観点でみた不眠症とは?

伝統医学では、不眠症ではなく「失眠」あるいは「不寝」と称しています。常に睡眠が不足することを言い、寝つきが悪い・すぐに目が覚めてなかなか寝付けない・甚だしければ夜通し眠れないなどの症状も含まれます。 また伝統医学では以下のように「不寝」を分類します。

症状詳細
心陰虚寝つきが悪く、眠っても夢が多く、すぐに目が覚めてしまう。動悸・寝汗・手足のほてりといった症状を伴う。
心腎不交寝つきが悪く、ひどければ一睡も出来ず、寝返りばかり打ってしまう。頭のふらつきや、足腰のだるさ・無力感、耳鳴りなどの症状を伴う。
心脾両虚夢が多く、中途覚醒がしやすい。一度起きると中々寝つけない。全身倦怠感・食欲不振・軟便or下痢といった症状を伴う。
胆気虚恐怖感で寝つけない。寝ていても小さな物音ですぐに目が覚めてしまう。何かに追われているような気がする。
肝胆鬱熱眠りが浅く、夢が多い。イライラしやすく怒りっぽい。胸や脇が張った感じで痛む。ため息が多い・目の充血・口が苦いといった症状を伴う。
痰熱擾心眠りが浅く、夢が多い。痰が多く、めまい・吐き気・口の粘りといった症状を伴う。
心火亢盛夢が多く、動悸・胸の熱感・顔が赤い・口内炎が多い・舌の先がピリピリする・排尿時痛などの症状を伴う。

このように不眠と一言にいっても、様々な種類の不眠があることが分かります。原因としては、疲れ・ストレス・胃腸の不調・飲食の不摂生・加齢などが挙げられますが、多いのはやはり疲れやストレスです。

現代人はとにかく頭や目、手など上半身ばかりを使うので、どうしてもエネルギーが上半身や頭に偏ります。それによって精神的に興奮してしまい、眠れなくなるわけです。辛いものや、味の濃いものを食べ過ぎて身体に熱がこもってしまうことにより、身体全体が興奮傾向となり不眠になるケースも多いです。